美とくつろぎの休日プラン
アロマセラピーボディ
タイ古式マッサージ
アロマ腸セラピー
フェイシャルエステ

アールドナチュール

アールドナチュール

 

D I A R Y 2011

   

心で感じて

2011/12/01

こんにちは。いよいよ12月が始まりましたね。
みなさま、今年はどんな一年をお過ごしになりましたか?

上の写真は、私の好きな海のきらめきを写し取ったものです。
水に太陽があたって、キラキラと光るのを見るのが大好きなのです。
それと、このゼリーのようなうるおい感が目を夢中にさせます。
海に潜ったときにも、砂の上に、この幾何学模様が写ります。
どこまでも、ペパーミントグリーンな世界に白い砂と太陽の光。
実は熱帯魚を見るより好きな絵なのです。

先日、とても素敵な本を買いました。
タイトルは「わたしという星になる 12星座のノート」という
占星術を基調とした本です。12星座の個性をそれぞれ、優しく、
鋭く、 語ってくれる、お手紙のような本でした。
それも、とても仲の良い、友人に向けて書くような手紙です。
甘く優しく、でも現実を直視した鋭い言葉で、語ってくれている、
そんな心に寄り添う、暖かいご本でした。

その中のエッセイに、とても好きなフレーズがあります。

============================

進む方向はハートで決めて、その実現に頭を使おう。

頭は、方法を見つけるため、マーケティングのための道具にすぎない、
およそ現実離れして思えることでも、
ハートがさし示す方向なら、
そのためにあらゆる努力とお金を惜しまずにがんばること。

だって自分の人生。
自分以外の誰がそれだけのエネルギーを注いでくれる?

    『わたしという星になる 12星座のノート』 Saya著 より

============================

ハートがさし示す方向とは、心で感じることなのでしょう。
頭で考えると、こんがらがってしまう複雑な(に思える)ことも、
心のテンション、上がる?下がる?で考えると一瞬でわかったりする。
自分に正直に、っていっても、意外と難しいけれど、、
まずハートで決めて、そのあと、頭で到達手段を練りだす。
なんてシンプルで、なんて的を得た作戦でしょう!

この本に今年出会い、来年は心で感じるということを
もっと大切にする年にしようと思いました。

お花屋さんで、どの花を選ぶか、も。
今日は誰とおしゃべりしたいか、も。
何を食べたいか、も。入浴したいのか、シャワーをあびたいのか、も。
仕事の方向性なんかや、将来どこに住みたいのか、も。

心で感じて、テンションが上がるほうを、選んであげたいです。
誰でもない、自分のために。

そろそろ、都会では街の光が美しい時期になってきましたね。
寒くて、温かい冬を満喫してください。
みなさま、よい12月&クリスマスをお迎えくださいませ♪

ノイズのない生活

2011/10/04

みなさん、こんにちは。お久しぶりです。
そろそろ秋の風に、また懐かしさを覚える季節になりましたね。
宮古島には、明確な四季がないので、それだけは、こちらに
いると、少しさみしさを感じます。風が涼しくなった日の夜の
香り、冬の朝の清潔感、そんなものを恋しく思う、今日この頃です。

宮古に越してきてから、ライフスタイルが本当に変わったな~、
と、感じます。 何もかも、シンプルに。
複雑な事柄の少ない生活になりました。

家の中からは、TVと雑誌がなくなりました。
普段は、好きな音楽を流して過ごしています。
気持ちのいい天気の時は、鳥のさえずりだけで、何も流さない
時間もあります。そんな中で、お茶を飲んだり、お菓子を食べたり、
本を読んだり、のんびりとしています。ふと、忙しかった時が、
遠くに、遠くに、感じるようになっています。忙しかった時って、
何をしていたんだっけ・・・、と思い返すと、私の場合は、
意外に自分が選んだことではないことで、
忙しかったような気がします。

何か、外から入ってくる常識や、何か、人間関係のことや、
移動や、孤独を埋めること、焦る気持ちをなだめること。
そしてもちろん、仕事や遊び、家族、自分の時間。

忙しくて充実しているって、本当だったのかしら・・・?って
ふと思ってしまいます。本当に、心の内側から求めるものは、
おそらく、自分のキャパは超えないように出来ているはず。
だから、実は集中すべきこと、したいこと、 に、
まっすぐ目を向けてあげれば、実はシンプルな時間に。

TVも雑誌も、電車の広告もなくなったら、心のノイズが消えました。
心のざわつきって、実は、外部からの刺激から、心が落ち着かなく
なっているだけなのかも。色んなものが勝手にピリピリ入ってきて、
心のスペースを占領しちゃっていたのかもしれませんね。
今はそう思います。

何もなくなって、とてもひまになった時、自分が本当にしたいことが
出来るようになりました。なかなか上手く行かないときもありますけど、
それでもいいかなって思っています。シンプルに目指していれば、
いつかは到達出来ますから。自分のリズムで、ってとても難しい、
けれど、あえて人を見ないことで、自分らしさが解ったりもします。

世の中は、薄目でみているくらいでちょうど良くて(笑)、
自分の気持ちは、クリアーな目で見てあげたい。
本当に好きな物、食べたい物、会いたい人、したい活動、夢、
自分が把握していれば、全部出来てしまうんだと思います。
こんなにゆっくりでも・・・、ちゃんとおぼえていれば。

今年も、もう10月ですね。
少し早めに一年の整理をしはじめて、すっきりと、思い残すことなく、
来年につなぎたいと思います。

いつも読んでくださって、どうもありがとうございます。
みなさまの、毎日も、感性輝くものでありますように!

二人が好き

2011/08/26

残暑お見舞い申し上げます。
宮古島は、変わらず晴れ日32℃が続いております。
皆さまは、お元気でいらっしゃいますか?

上の写真は、お盆の日の、東平安名崎です。
引き潮で、珊瑚が浮き出ています。
こうやって、島のはじっこで、珊瑚をじっと見ていると、
私たちは、生き物の上に生きているのだな、と、実感します。
この岬の形状をみると良くわかりますが、宮古島は珊瑚が
隆起して出来た島です。ひとつの島と見ると小さな島ですが、
ひとつの珊瑚だと思うと、ずいぶん大きな珊瑚ですね。
今はこうやって、緑を茂らせて、テッポウユリやグラジオラスを
背中に乗せて、青い空と、エメラルドグリーンがお似合いです。
まさに、アールドナチュール、見飽きる事がありません。

それは、移り変わるものだからでしょうか。
どうぶつも、人間も、見飽きることがありません。
とても味わい深くて、もっと深く知りたいような気がします。

アロマセラピーのトリートメントは、基本的に一対一で、
ふたりきりの世界です。人を味わう、又は、自分を味わうのに、
ふたりというのは、よい人数だと思います。
たまに、友人から、「全く知らない人が、来るのでしょう?
緊張したり、不安に思ったりしない?」と、聞かれますが、
私には、ほとんど全く、そういう気持ちが起こらないのです。
ふたり、が好きなのだと思います。

思い返せば、高校生位の頃から、友人とふたりで遊ぶのが
好きでした。10人くらいのグループで、学校ではワイワイ
しているのですが、どこかに出掛けたり、お互いの家に
通いあったりするのは、ふたりを好んでしていました。

みんなでワイワイも、もちろん大好き♪泣いたり笑ったり、
一生懸命生きている、みんなを見ているだけで楽しい。
みんなでいる時は、ふわっとした、ざわっとした、軽くて、
華やかな喜びの時間。目の前に、色んな映画がかかって
いるような面白さ。それとは、反対に、ふたりの時間は、
しっとりとしていて、ぎゅっとつまった、濃密な時間。
相手を深く理解しようとしたり、自分の気持ちを表現したり、
共感しあったり。小説や詩集を味わうみたいなゆったり感。

私は、こよなくふたり時間を愛しているのだと思います。
もちろん、いつもふたりではなくてよく、空気をくるくる
回すように、わいわい時間も同じくらい持ちながら。

わいわい時間と、ふたり時間と、ひとり時間。
どれも味わい深く、大切なひとときです。
時間はとても儚く、楽しければ楽しいほど、手の平から
すりぬけてしまいそうで、掴まえられない不思議な物ですが、
でもやっぱり、記憶の写真集には、ちゃんと新しいページが
出来ていて、あとで見返すことは出来るので、大切に大切に
保存しなくちゃ、といつも思います。

かたちのない宝物です。

アールドナチュールでの、アロマセラピーの時間も、
たとえ、一期一会であっても、 そんな大切な思い出の
1ページになってくれたらいいな。と、思います。
ゆったりした時間、心地よいリズムと、たゆたう眠り、
都会で日常生活に戻ったとしても、その空気はかならず、
記憶の写真集に刻まれていて、ふと思い出しながら、
「うん、マイペースでいいんだ。」と思ってもらえたら、
私はきっと そのために、仕事をしているような気さえします。

いつもありがとうございます。
皆様の日常が、ますます心地よいものになりますように。
私はいつものんびりしています。


リラックスの時間

こんにちは。ベランダに挿し木をした、プルメリアの花が咲きました。
ささやかですが、いい香りを楽しませてくれています。
ベランダにあるとなかなか見て、香って楽しめないので、部屋に持って
来ました。いつかは、大きなお皿に水を張って、プルメリアで埋め尽くし
たいです。夏は切花がもたないので、いずれ庭をつくって、
ハイビスカスやプルメリアを常に咲かせていたいものです。

ところで、宮古島の隣、来間島には、「来間島憲法」というのがあって、
条例の中のひとつに、
○庭に、ハイビスカス、ブーゲンビリアを植える事。
という、決まりがあります。可愛くないですか?
来間島は人工物の少ない、とてものどかな島です。
初めて訪れた時は、タイかラオスの田舎に感じました。
日本とは思えない、深いリラクゼーションを味わえます。

リラクゼーションといえば、私が最近とてもリラックスしていると
感じているのが、仕事をしている最中です。
室内を清めて、アロマを香らせ、お茶の準備を済ませてから、
軽やかな、または静かな音楽をかけてお客様をお待ちしている時、
不思議と、いつよりも、リラックスを感じます。
マッサージを行っている時もそうです。
自然と呼吸が整い、目の前のことに集中し、感覚が研ぎ澄まされて、
自意識は自然と消えてゆき、「私」ではなく「役割を果たす為のもの」
に、なります。その感覚が何とも心地よいのです。

そういえば、時間もあっという間に過ぎるし、私は一度もしたことが
ないのですが、これが「瞑想」というものと、ほとんど同じなのでは
と、近頃感じています。とても気持ちのいい時間です。


サロンの誕生日

2011/06/10

皆さん、こんにちは。宮古島は、いつもより2週間早い梅雨明けをしました。
天気予報は毎日晴れ!素晴らしい太陽と青空が広がっております。

今日、6月10日は、アールドナチュールの誕生日、サロン1周年であり、
私の誕生日でした。昨年は、生まれて初めて東京を離れ、見知らぬ土地での
スタートでしたので、不安もさみしさもたくさんでしたが、 この1年で、
宮古になじむことが出来、自分のリズムで生活が出来るまでになりました。

今はすっかり、この宮古島を、アールドナチュールを、そして、
ここでの暮らしをとても愛しています。サロンもすくすくと、一年分たっぷり育ってくれました。これからも、ゆっくりゆっくり、大地をふみしめて、
一歩一歩自分の好きな方向に、進んでいけたらいいなと、思っています。

サロンを通して、やさしい時間、のんびりした空気を、
たくさんの方にお届けしていきたいです。
アロマと、マッサージと、美味しいお茶を楽しみにいらしてください。
いつも温かく見守ってくださリ、ありがとうございます。

○インギャーマリンガーデン○
 熱帯魚がたくさんいて、とても綺麗な浜です。


2011/05/19

皆様こんにちは。ひさしぶりの更新です。お元気でいらっしゃいますか?
宮古島はすでに梅雨入りしており、雨模様の続く日々です。
先日は小さな台風も来て、今年は台風の当たり年かもしれません。

海亀をよく見る年は、あまり台風がこないのだそうです。
反対に海亀が来ない年は、台風が来るそうで。
たぶん、亀達は安全な場所に産卵に来るのでしょう。
海の中では、どんな風に情報が流れているのでしょうね。

太陽キラキラの晴れの日も好きですが、雨や台風の日も嫌いでは
ありません。雨の日の楽しみといえば、お風呂、読書、手紙など。。
しっとりと、静かな楽しみが思いつきます。バスタブにお湯をはって、
アロマオイルで、その日の気分に合わせたバスソルトを作ります。
森林浴な気分なら、サイプレス、シダーウッドや、カモマイルローマン。
お花畑な気分なら、パルマローザ、ゼラニウム、ラベンダーもいいかも。
ゆったりとお湯に浸かって、からだをやさしくほぐしてあげると、、
疲れている箇所がジンジンと浮かび上がってきます。
自分で出来る事は、自分がしてあげる。
これが、自分に対する、愛情表現のひとつの方法。
自分は、いちばん身近で、大切なパートナーです。

どこかに癒しを求めなくても、愛を求めなくても、
今ここで、自分にしてあげられることは、色々あります。

綺麗な音楽を聴かせてあげる。
美しい食卓を調えてあげる。
深呼吸をたっぷりとする。
映画で、その景色や、魅力的な人物をみる。
文体の美しい本を読む。

心の景色を、豊かに彩るために、心の目を磨きます。
ふたつの目で、世の中をみるけれど、こう見なくては、という
ルールはないから、自分の好きな世界を、目の前に描く。
想いが描けたら、かならずそこに辿り着けるはず。

昨日、約1年ぶりに、ふっと思い立って、ビジョンマップを
作ってみました。家にあった、雑誌や写真を無心に切り抜いて
ゆく作業が、なんだか懐かしかったです。サロンを始めた頃、よく、
方向性に思い悩んだ時、作りました。
直観で「好き」と思った物を淡々と切り抜いていく為、潜在意識が
面白いほど浮き上がって、色んなものを見せてくれます。
一番最初に作ったときのことを、今でも忘れません。
たくさんの雑誌の中から、私の選んだ切抜きは、ほとんど
すべてに、「鏡」が織り込まれていました。最初、意味付けが
上手く出来なかったけれど、ゆっくり自分と向き合った時に・・・
「私は自分自身を、見つけたい、映し出したいのだ。」と、
解りました。そのまんま、ですけどね。(笑)

今年のビジョンマップは、、、
緑の中の家、Family、ミントグリーン、香水、がテーマでした。
さあ、どんな風に、現実化されていくのでしょうか?
そういえば、去年のビジョンマップは、すべて、現実化されていましたよ。
想いを描くことから現実は作られてゆくんだなって、改めて思ったひと時でした。

それでは、皆様の、素敵な想いが、沢山叶いますように。
みずみずしく、爽やかな初夏を、お迎えくださいませ♪

○東平安名崎のユリ、香りも姿も美しいです○


2011/04/06

皆さん、こんばんは!四月が始まりましたね^-^
いかがお過ごしですか?

先月は、日本にとって、嵐のような、ひと月でした。
私たち、ひとりひとりが、生と死を改めて感じ、色々な問題にぶつかり、
諦めや、割り切りと戦い、でも、希望を忘れないようにと、
前を向く努力を、していることを感じます。

大切なものは、ほんの少しで、自分が守るべきものも、実は頼りない
くらいのものなんだろうな、と実感しています。

そして逆に、『そばにいる。』ということの、大きさを知りました。
そばにいる人を大切にしよう。  そばにあるものに心を込めよう。
いちばんそばにいる、自分も、忘れずに大切にしよう。

友人とも、いつでも会えるわけではない。だから、声をかけるときには、
いっぱい心を込めよう。家族にも、きっと同じ。 個人を尊重して、
相手にとって心地よい存在でいられたら、理想です。

ところで最近、本当に遅ればせながら、『断捨離』を読みました。^-^
面白いですね!シンプルライフ系の本は大好きで、かなり読んでいる
ため、私にとってはいまさら感もつよく、今まで手にとっていなかったの
ですが、たまたま貸してもらえる機会があり、読んでみました。

私の場合、断捨離で言えば、既におそらくマスタークラス。
旅に出る前に、好きなもの以外捨てたし、帰ってきて引越しをする際
にも、また物を減らしました。けど不思議!ダンボール一箱分は、
いらないものが出ました。ジーンズ1本、ワンピ2枚、Tシャツ3枚、
バッグ3個、タオルケット1枚、グラス3個、本が数冊。
どれもまだまだ使えそうなものなのですが、、
「本当にこれが好きか?!今後喜んで使うか?!」の問いに 
NO!が返って来たので、手放すことにしました。

断捨離ではこれを、面白い表現であらわしていましたので、
既に読んでいる方が多いかと思いますが、書き抜いてみますね。

ー『断捨離』より抜粋ー

↓モノを友達に、例えているお話です。

(まず)友達と呼べる人かどうかの確認作業を行います。
この段階で「時間軸」が入ってきます。かつて仲良しだったかもしれない。
つまり、かつて重宝したモノかもしれない。昔の愛着があり、懐かしさが
こみあげてくる。 でも今は価値観がずれてしまい、親密な関係とはいえ
ないかもしれない。そういうモノが見えてきます。

この時点で「だから捨てろ」と無理に行動に結びつけるというよりは、
そういう視点で見ることが出来る変化にまず目を向けていく。そして、
その変化を徐々に受け入れていく。
つまり 「今」の私にとって必要な友人選びの段階です。

この視点を持つのは、情が邪魔して苦痛な人も少なくないかもしれません。
でも、人間関係だと、余程特別なケースでなければ、関係性がかわって
行くのは自然なこと。なんとなく疎遠になることを、何気なく受け入れているところがあります。でも、モノは残念ながら人間のように、歩いて出て行ってくれたりはしませんね。その判断と、判断の結果とる行為、つまり捨てるのかリサイクルするのか、誰かにもらってもらうのかなどを自分自身が行わなければならないのです。

これを繰り返すと、「今」の自分に要らないモノがどんどん見えてきます。
この状態をかつて受講生さんが「捨てているのにどんどんゴミが沸いてくる」と表現しましたが、こうなると街で売っているモノもゴミだらけに見えてくるくらいです。それくらい意識が変わります。この状況を「ガラクタIQ」が上がったと断捨離では言います。更に上級までいくと、親友、つまり本当に必要で取っておきのお気に入りだけを選ぶレベル。だって、たくさんの人と濃いお付き合いをするのは難しいですよね?だからこれは、かなり厳選された状態になります。

ー以上 『断捨離』より抜粋ー

身の回りにある、全てのものを、とっておきにしていきたい。
モノ、家族、友人、花や緑、洋服、本、化粧品、心持ち、などなど。
断捨離を知ってから、より一層その気持ちがつよくなったようです。
そして、大切なのは、「代謝」させること。新しいものも取り入れつつ、
古いものは取り除いていく、その繰り返しが、新鮮な気持ちでいられるための秘訣だと思います。ずっとずっと使うもの、フレッシュな気持ちにさせてくれるモノ、両方とも、必要だと感じます。

自分の手で、作り出す世界。大きなことでも、些細なことでも、
変化を受入れていくこと。嬉しくないことから発生した変化も、
きっと、自分次第で納得する方向に持っていくことは出来る。
人のせいにしない、全ては自分次第。
そう思って生きられたら、どんな状況でも、清々しくいられると、
おもうのです。夜明け前の空が、いちばん暗い、というのは、
繰り返す歴史のなかでも、いつもそう。
そんなときこそ、スモールライフを見つめなおすチャンス。
楽しみも、発散より、満ち足りること、に、シフトチェンジ。

人間が自然物に立ち返って、太陽と風と、水で、いきいき
生活できる日々が訪れますように、心より願っております。

それでは皆さま、大地の生命力みなぎってくる春を、満喫してくださいね。
よい4月をお過ごしくださいませ♪^-^


2011/03/02

みなさん、こんにちは♪
先日、良く晴れた暖かい日に、お気に入りのカフェに行ってきました。
砂山ビーチの入り口にある、かわいくて、手作りパンの美味しい、くつろぎカフェです。

『スナヤマカフェ』

お店の屋根には、お花が満開でした。

手作り食パンにホワイトソースとハム、チーズに卵の乗った、クロックマダムを いただきました♪とろとろの卵とチーズをパンにからめて食べると、この上ない 幸せを感じます。^-^ 毎日食べたくなるくらい美味しいですよん♪

他にも、ピザやカレー、サンドイッチ、ワッフルなど、美味しいカフェメニューが いろいろあります。 お店の中は、1席づつゆとりを持った空間になっていて、 雑誌もたくさんあるので、ひとりでのんびりするのも良さそうです。

爽やかな音楽、美味しいご飯、可愛いインテリア、窓の外には眩しい緑。
島の休日を満喫するには、カフェがオススメです。
のんびりとした幸せな時間を過ごせます。

食事のあとは、砂山ビーチへ。1分くらいで行くことが出来ます。


・・・海を見つめて、キレイな色で心をいっぱいにします。
でも、日焼けしたくないので、実はこんな完全防備をしています(笑)↓

ちょっとした小旅行気分。

カフェ時間は、生活を四角く切り取ってくれる、魔法の時間。
夕暮れ時にビールを飲むときのような、親しい友人と会っていい話をしているときの ような、そんな一枚の絵のような時間をプレゼントしてくれます。
心地よい空間に身をゆだねつつ、私も、サロンに来ていただく方には、
一枚の絵に残るような、夢のような、楽しく気持ちがいい、ハッピーな時間をプレゼントしよう。 そう思いました。

先日お客様に、群馬県前橋市や軽井沢、東京の晴海などに、多数美容サロンを経営されている、宮崎歩様がお見えになりました。
宮崎歩さんのサロンはこちら

お化粧品のセミナー講師で、たまたま宮古島にいらしていて、最終日にアロマをしに来てくださいました。アールドナチュールのアロマセラピーを大層気に入ってくださり、こんなお言葉を頂戴しました。
(※ご本人の許可を頂いた上載せております。)

『かれこれ二十年以上美容の仕事をしていて、色々なマッサージを受けてきたけど、 こんな風に意識が宙に浮いたような感覚は初めて!半覚醒状態っていうのかな?! 身体はぐっすり眠っているんだけど、周りの音や自分の寝息は聞こえているの。 それが最高に気持ちいい!身体はもちろん、心の深い所までも、本当に癒されました。 また宮古島に来たら、ぜひ来ます。ありがとうございました!』by 宮崎歩さん

宮崎さん、どうもありがとうございました。また内地でお仕事がんばってくださいね♪そして、疲れたときは、どうぞ宮古島に休みにいらしてくださいませ。 またお会い出来るのを、心より楽しみにしております。^-^

 

2011/02/20

こんにちは。こんな雨の日は読書日和ですね。
私は図書館が大好きで、月に2回くらい、たくさん本を借りてきます。

先日は、久しぶりによしもとばななさんの旅と暮らしのエッセイを借りました。 よしもとばななさんは、高校生くらいの時によく読んでいて、
その世界の、はかなさや切なさのようなものが根底に流れている感じが、
好きでした。私はもしかしたら、楽しい、や、嬉しいの感情よりも、
切ない、や、かけがえのない、という感情の方をより、大切に思っている
かもしれません。 音楽でいえばsadeのような、 美しく、哀しいような世界に惹かれます。

その、よしもとばななさんのエッセイの中で、胸に沁みた文章が
あったので、書き抜いて見たいと思います。
東京に住んでいたとき、私もこう思っていたな、と 思い出しました。

(以下 人生の旅をゆく、より抜粋。適当に中略してます。)

************************

マスコミでは、一部を誇張した成功者の話ばっかりが、いいふうに
毎日流されて、人はみなあおられてしまう。みんな罪悪感を持っている。
生きていることそのものに、自分の平凡さにだ。みんな自分にうんざり
していて、超人的にがんばらなくては自分を好きでいられないような
心境になっているように見える。
それに子供を産むのすら、まず経済的に困難だ。

かといって、ひとりでいてもずっと気楽で幸せにいられるようには、
なかなか人間は出来ていない。人間は他の人間といたい生き物なのだ。
友だちでもペットでも夫でもいい、つながりがないといられない。それが人間だ。 でもみんな忙しくて好きな人たちともなかなか会えない。いつも時間に 追われてる感じで、人と会って話したいのか、何かさほどおいしくないものを 食べるために会うのか、何がなんだかわからない。

でも私たちは、食べるために生まれてきたのではなく、もちろん金のためでも なく、楽をするために生まれてきたのでもなく、子孫を残すためでもなく、 長生きするためにでもなく・・・・・自分の情熱を燃やすために、向いてること をこの人生でやりつくすために生まれてきたのではないだろうか。
愛する人々への愛情を抱きながら、たくさんのよき思い出をつくって、
それを大事に抱えて悔いなく死ぬためにここにいるのではないだろうか?

こうやって書いていると絶望的なようだが、若い敏感なお嬢さんたちは、
そろそろ気づきはじめていると思う。

みんなあの手この手を試している最中だから結果が出ないだけで、
少しペースを落としたり、情報に踊らされない形をそれぞれが本気で
考えていると思う。今はとても困難な時代だけど、必ず突破口はある、
そう思う。

「クウネル」とか「Arne」という雑誌がある。とてもよく売れている 雑誌だ。 そこに出てくる人たちは、日本にしかない新しい時代を創るやり方を
模索している若い人たちや、社会からはずれても自分のやり方を 通して
やってきた年上の人たちだ。読んでいるとき、あるひとつのすばらしい夢を
見ている気持ちになる。そこには新しいモデルがある。

決して理想論ではない、この平和をこのまま保ちながら真の豊かさを
目指している人々のモデルだ。

これだけが新しい形ではない、でも、そこには確かに何かが芽吹いている
のだと感じる。

**************************

私も個人的には、絶望の先にこそ希望があると感じています。
こんな時代だからこそ、都市部に生まれ育ったからこそ、私の今があります。 そう思うと、日本にも、東京にも、感謝なんですね。

明日は月曜日です。また1週間、よい日々が過ごせますように。
美味しいご飯が、14回食べられますように。(朝食は食べませんので)

皆さまも、美味しい食事と、良い時間をお過ごしくださいね。^-^

↓宮古の冬野菜。ブロッコリーの下にあるのは、生ビーツです。


2011/02/17

こんにちは。2月も半ばを過ぎましたね。明日は、宮古島では、『旧16日』という行事があります。簡単に言うとお墓参りですが、宮古では、お墓でご飯を食べます。 つまり、ご先祖様と一緒に、ご飯を食べたり、お酒を飲んだりする日なのです。

私たちは、ここにお墓はないので、どこにも行きませんが、
宮古では、役所もお休み(半休)になるほどの、一大イベントです。
暖かい一日になるといいですね♪

さて、今週は観光のお客様が、多くお見えになりました。
そこで、「青柳さんは、どうして宮古に住もうと思ったのですか?」とよく聞かれます。


一言でいうのが難しくて、いつも的を得たお答えが出来ていないように思えたので、 改めて、考えてみようと思いました。

来る前は漠然と、宮古島は浮世離れしたところだろうなぁ、と思っていました。 来てからは実際、驚くほどここには、時間がたくさんありました。

ちょっとおかしな例えですが、平安時代の貴族は、こんな時間の流れで、
生きていたのではないかなぁ、と思ったりしました。あんまりにのんびりです。

時間を区切って使うのではなくて、大きな”時間”という川の中を、ふわりふわりと泳いでいるような、そんな感覚です。

毎日、のどかに朝が来て、活動的な昼が過ぎ、
夜はゆったりご飯を食べてお喋り。

そう、私はこれを、大切に思っている人なんだな、と思いました。

●自由な時間がたくさんある。
●気持ちがいつも穏やかであり、希望がある。

それが、私の人生のプライオリティの上位を、占めているようです。

人生には色んな選択があって、色んな生き方があって、人それぞれ、自分に
必要な生き方を、何らかの形で必ず選び取っています。
私はコレ。そう決めたんですね。その時の私が、ね。

そうして有り余る、ゆとりの中で、お客様には、その、のんびりな空気を感じて、気持ちのいい時間を 一緒に過ごせたら・・、そして心と身体から、疲れという疲れを、すっかり抜いて いってもらえたら・・、という思いがあります。

日常の中、ほんの一時でも、時計のない時間を味わいに来てくださいね。

それでは皆様、今日も良い一日をお過ごしくださいませ♪

↓ベランダのグリーン。


2011/02/09

こんにちは!太陽が気持ちいい、爽やかな宮古島です。
冬の寒さも、一段落付いたのか、ぽかぽか陽気の2月です。

いいお天気だったので、池間島までドライブに行きました。
池間大橋を渡る直前、右手に駐車場があり、そこからの海の眺めは最高です。 引き潮の時はこんな風に、白い砂浜が透けて見えて、天国に海があったら
こんな色だろうなぁ!と思うような、ミントグリーンが一面に広がっています。

ここは泳げませんので、こんな色の海で泳ぎたければ、迷わず前浜へどうぞ♪

さて、ベランダのウッドデッキ作りですが、お天気も回復したので、順調に
進んでおります。今回は、エアコンの室外機の上に棚を作りました。
ベランダで使うものを、簡単に収納しつつ、飾りたいと思います。
ほうきやちりとり、鎌やシャベル、使っていない鉢などをざっくりと置きます。直置きしていたときは、雑然とした雰囲気を漂わせていたこれらの物が、 棚に置くだけで、雑貨のように見えます!不思議・・!

今週末は、最後の工事、色塗りと、残りのウッドデッキ作りをする予定です。 でも、なかなか色を決められな~い!><
アンティーク風にしたければ、こげ茶色。リビングのインテリアとあわせるなら、 ナチュラルカラー。私の個人的な趣味だと、白いデッキにミントグリーンの棚。。

書いてみるだけでも、色によって、イメージが大分変わるのが分かります。
あと3日。じっくり、しっかり、悩んでみたいと思います。

作ってもらった棚↓・・可愛い!!


2011/01/28

こんにちは。冬の宮古島は、野菜がとっても美味しい季節です。
今日は、宮古のファーマーズマーケット、あたらす市場にお買い物に行きました。 大根、にんじん、いんげん、春菊、カリフラワー、なす、たまねぎ、雲南百薬。 栄養たっぷりのお野菜を、とても安く買うことが出来ました。

最近は、ほんのりローフードも取り入れてみようと、大根や人参はよく生食します。 にんじんは、沖縄のご家庭には一家に一台あるシリシリを使い、簡単千切りにして、 レモン、クレイジーソルト、亜麻仁油で、山盛りサラダに。 ディルやコリアンダーの束も良く売っているので、刻んで混ぜても美味しそうです。 今日は、買い忘れました。


先日、内田彩乃さんの、『毎日をつくるもの』 買いました。
表紙のベランダガーデンがとても素敵です。
グリーン、こげ茶、ブリキ、かご、オリーブの木。 甘さひかえめで、清潔感があって、いつまでも眺めていたいようなお庭です。

あいにく、うちのベランダ作りは雨で難航していますが、春には緑に囲まれた、 お庭が出来ていますようにと、イメージをふくらませています。

この本を読んでいると、リアルおままごと、そんな言葉が浮かびます(笑) いい意味です。好んで行うと、家事は女性の楽しみであると感じます。
毎日の暮らしをていねいに、物を大切に、自分の心地良さを追求して。
そんな気持ちを取り戻させてくれる、不思議な力を持った本でした。
何度もよみかえしながら、そのエッセンスを身に染み渡らせたいです。

そんな中、今月はお客様も多く、一緒にお茶をいただく時間が楽しく、
新しい茶器が欲しいな~と、思い始めました。
サロンで過ごす時間の全てが、スペシャルであって欲しいなと思い。
和風、洋風、北欧風、中国風も楽しそうです。
気に入ったものに出会うまでの時間もまた楽しいものです♪

皆さま、どうぞ、よい2月をお迎えくださいね。^-^

2011/01/19

こんにちは。久しぶりの青空が眩しい宮古島です。
こうやって太陽が出ると、初夏のようなうららかさです。
夏の暑い日より、冬の晴れた日の方が好きなようです。
こんな日は、海が見えるカフェに行って、お友達とおしゃべりしたいですね。

今朝、雑誌「セラピスト」のバックナンバーをめくっていたら、ネリーグロジャンさん とバーグ文子さんの対談が載っていて、二人はお互いを「スカイシスター」だと おっしゃっていました。離れていても心の繋がりを感じられて、お互い高めあい、 そして、最終的に辿り着きたい場所は同じだと思う間柄だそうです。

大人になった今、お互いに前を向いて歩きながら、手をつなぐでもなく、
寄りかかることもせず、ただただ尊敬と少しの憧れと、心地よい時間を
紡いでくれる、スカイシスターが私にもいると心で感じています。

そんなスカイシスターとは、ここ宮古島で、のんびりとした時間を味わいながら、 空を仰ぎながら、 海のキラキラに目を細めながら、心のこもった言葉を交わしあいたいです。

今年は一段と、そんな機会に恵まれそうな予感がします♪
そのときは、こんなカフェで・・・。


今日も、素敵な時間をお過ごしくださいませ。^-^

2011/01/04

皆さま、明けましておめでとうございます!

新しい年を迎えましたね♪

冷たい風がピリリと頬をさして、お正月らしい季節感です。

2010年は、私にとっても、アールドナチュールにとっても、
土地均しと、種蒔きの一年でした。

今年2011年は、しっかりと根をはる準備、土台作り、 肥料蒔きの年にしようと思います。 再び勉強しなおしたいものもたくさんあるので、月毎にテーマを決めてやろうと♪

インテリアも、常に変化させて行きたいと考案中です。
まずは、今月中にベランダのウッドデッキを作る計画を立てています。
暖かい季節になったら、お客様にベランダでお茶を出せるようにしたいな☆


この宮古島の、ゆったりとした時の流れを、 たくさんの方に感じていただきたいです。 濁りのない、さらさらとしたひと時を過ごして、心も身体も透明にフラットになって、いらないものが そぎ落とされるような、、自分に必要なものがクリアに見えて くるような、、そんな場所を提供していきたいと思っています。

始まったばかりの、真っ白な2011年。

一日一日を願いを叶えるための日として、大切に。
私の周りにいる人達に、どうか幸せの和が広がりますように。
アールドナチュールが皆様のお役に立てますように。

本年もどうぞよろしくお願いいたします!^-^